[一般質問] 照屋 守之 令和元年第4回沖縄県議会6月定例会

令和元年6月28日(金)
第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問
照屋 守之 (てるや もりゆき)(会派:沖縄・自民党)

照屋 守之

1:平成31年2月定例会で提起した問題について


(1) 大型MICE施設断念の後始末の説明を願う。


(2) 辺野古反対「つくらせない」としながら「つくらせている」現状の説明を願う。


(3) 国は法的な行政手続によって工事を進めている。県の責任で「つくらせない」となるとこれまでの工事費を補償する責任は県が負うことになると思う。見解を伺う。


2:基地の負担軽減及び整理縮小について


(1) 玉城知事が沖縄県の基地の負担軽減及び整理縮小をどのように進めたいのか見えない。知事の見解を問う。


3:税制、高率補助及び沖縄振興法について


(1) 国の沖縄県に対する税制、高率補助及び沖縄振興法の仕組みに対する県の評価と今後の対応を伺う。


4:万国津梁会議について


(1) 目的及び構成員並びにどのような成果を期待しているか伺う。


5:尖閣諸島周辺海域をめぐる玉城知事の発言について


(1) 5月31日の玉城知事の発言の説明を願う。


(2) この発言は石垣市民、県民並びに日本、中国に大きな影響を与えている。撤回すればよいものでもない。知事の見解を問う。


6:ゆがふ製糖工場の改築について、沖縄県の基幹産業であるサトウキビ農家を守る観点から見解を問う。


(1) ゆがふ製糖工場のサトウキビの受け入れトン数について


(2) サトウキビ生産市町村及び生産農家の件数について


(3) 原料糖のトン数について


(4) 工場建設から現在までの年数について


(5) 設備の老朽化で早急に改築する必要性を感じるが見解を問う。


7:我が党の代表質問との関連について


定例会を終えて

尖閣諸島は中国の領土玉城知事の本音か?

尖閣諸島海域の事件について。

今、沖縄県の尖閣諸島については、中国公船が毎日のように領海周辺を監視している状況にある。

玉城知事は、中国がパトロールしているのでと発言し撤回したが、中国がパトロールしていると認めることは、尖閣諸島や周辺海域が中国の領土、及び領海であることを玉城知事が認めていることになる。

漁船に乗船していた仲間議員が中国が尖閣を取りにきている。と説明しているが、このままでは尖閣は中国に実行支配され、沖縄県が中国化する危険性がある。


2019-06-22 | Posted in 一般質問, 照屋守之No Comments » 

関連記事