一般質問

[一般質問] 照屋 守之 令和二年第4回沖縄県議会6月定例会


令和二年7月13日(月)
令和二年第4回沖縄県議会(6月定例会)の一般質問(三日目)に沖縄・自民党より照屋守之議員が一番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

改選後、初議会で県議選挙の結果やオール沖縄体制の目的等玉城県政の現状の評価や指摘を中心に議論を展開したい


令和二年7月13日(月)

第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問

照屋 守之(てるや もりゆき)(会派:沖縄・自民党)



1:県執行部と県議会の関係について


(1) 県執行部と県議会の役割・責任を伺う。

(2) 玉城県政は県議会を追認機関と考えているのではないか、伺う。


2:県議会議員選挙の結果について


(1) 沖縄・自民党が選挙前14名から19名に議席を大きく伸ばした。このことは県民の民意が大きく変化した結果と言える。玉城知事の見解を伺う。


(2) 玉城知事の地元沖縄市及び衆議院第3選挙区の結果は、玉城知事の評価であるとも思う。敗北を認めざるを得ないのではないか。玉城知事の見解を伺う。


(3) 宜野湾市で与野党逆転した結果は、玉城知事が松川市長や辺野古の皆様の辺野古容認の立場を尊重するとしたことが影響していると思う。玉城知事の見解を伺う。


3:オール沖縄及びオール沖縄県政について


(1) オール沖縄及びオール沖縄県政の目的を伺う。


(2) オール沖縄県政は問題解決型ではなく問題提起型と言える。なぜ問題ばかりを提起して解決しようとはしないか伺う。


4:玉城県政の取組について


(1) 首里城火災について

ア:いまだに県の責任の所在が明らかにされていないと思う。見解を問う。


イ:国は災害基本法やそれに相当する災害として再建を表明し、対応していると思う。この認識でよいか伺う。

(2) 万国津梁会議について

ア:昨年の取組と今年度の取組及び違いについて伺う。


5:全戦没者慰霊祭の平和宣言について


(1) 慰霊祭の目的と平和宣言の目的を伺う。


(2) 昨年の平和宣言と今年度の平和宣言の違いを伺う。


6:香港国家安全維持法(国安法)について


(1) 国安法及び施行状況と県の見解を伺う。


(2) 尖閣諸島についても毎日中国公船が航行しており、危機感を持った県の対応が求められると思う。県の対応を伺う。


7:我が党の代表質問との関連について


照屋守之

一般質問を終えて

今回は、会食に伴う癒着・公金疑惑について、議長に特別委員会を設置しての真相究明を要請した。又、我が党の代表質問で発覚した梨の木アカデミーのオープンセレモニーに県知事が公務参加について、特定の団体の利益のための広告塔になっている恐れを指摘した。

今回の定例会では、1~6項目の質問を予定したが、主に万国津梁会議にかかる問題を中心に議論を行った。又、米軍のコロナ感染を受けて急きょ緊急質問を行った。


2020-07-04 | Posted in 一般質問, お知らせ, 照屋守之No Comments » 

関連記事