議会活動報告

[ 反対討論 ] 乙第38議案「副知事の選任について」照屋守之

令和3年3月10日 沖縄県議会2月定例会本会議

玉城知事提案の副知事人事に反対

沖縄・自民党は、今回の照屋義実さんを副知事にする玉城知事の議案に反対の立場から討論を行った。

私共の反対の理由は、今、沖縄県は来年度から新たな沖縄振興計画を国と相談して決める重要な時期に代えるべきではない。県民や沖縄県のためにならない。

更に反対の理由は、

1:照屋義実さんは、全国報道機関に対する発言が虚偽、嘘であったことを指摘し、照屋義実さんも「応札の事実はある」と認めている事。嘘をつく人はふさわしくない。

2:全国紙の読者に対して虚偽の説明がされていない。

3:応札については「受注を意図したものではない」と照屋義実さんは、説明しているとの事。受注する意図があるから応札はするもので、この説明も虚偽の疑いがある。

4:照屋義実さんは、会社の代表でありながら応札は把握していなかった。知らなかったとすると説明している。会社の代表が大事なこと把握していなかった。知らなかったとするとリーダーとして問題があると指摘せざるを得ない

5:玉城知事は、本会議では、「富川副知事の仕事を照屋氏に引き継いで頂くと答弁していたが、総務委員会で竹田部長が、一番主要な沖振を謝花氏が引き継ぐと答弁。何一つ計画性のない人事案である事が表面化した。

以上 県民や沖縄県発展のための副知事人事について議論したが残念ながら1票差で知事提案の副知事が可決された。


2021-03-10 | Posted in 議会活動報告, 照屋守之No Comments » 

関連記事