最近の定例会

[一般質問] 照屋 守之 令和三年第8回沖縄県議会9月定例会

令和三年9月27日(月)
令和3年第8回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より照屋守之議員が8番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。


令和三年9月27日(月)

第8回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

照屋守之(てるやもりゆき)(会派:沖縄・自民党)


1:東京オリンピック・パラリンピックの開催について


沖縄県の選手の活躍・成果と玉城知事の見解を問う。


2:玉城知事の県政運営について


(1) 県知事になった目的及び県知事としてどうしたいのか伺う。


(2) 玉城知事の県政運営は問題解決型か問題提起型か伺う。


3:玉城知事の就任3年間の評価について


玉城知事は、就任2年間の評価を問われ、ゼロ点あるいは50点と答えていた。3年目はコロナ対策で厳しい評価になると思う。辺野古も行政手続で工事は進められている。玉城知事御自身の評価を問う。


4:玉城知事の新型コロナウイルス感染対策本部長として


(1) 全国最悪のコロナ感染率は45日間連続しているとのこと。この現状をコロナ対策本部長として玉城知事はどのように捉えているか、知事に伺う。


(2) 沖縄県の全国最悪の感染率の状況は人災であると思う。玉城知事の見解を問う。


(3) 沖縄県のコロナ対策本部長は2人いる。デニー本部長と康裕本部長である。コロナ対策法で定めるコロナ対策本部長は誰か伺う。


(4) 神奈川県で自宅療養のコロナ感染者が死亡し、神奈川県が補償金を支払うとの報道があった。このことは、コロナ対策法や関連法に照らして神奈川県に責任があったと思う。沖縄県でも補償金の事例や可能性があるのか伺う。


5:菅総理の総裁選出馬断念について


菅総理は、総理大臣の任期中、コロナ対策に専念するとし総裁選不出馬を表明した。私は、国民の命・暮らし最優先の大英断であると評価している。玉城知事の見解を問う。


6:衆議院議員総選挙について


(1) 任期満了に伴う総選挙が予定されているが、国民の政党支持率、自民党の総裁選挙を考えると、私は政権交代が問われる選挙になるとは思っていない。立憲民主党は、単独過半数を目指すとして共産党とは連立政権は考えられないとしている。玉城知事に政権交代の可能性について見解を問う。


(2) 立憲民主党・共産党・社民党等が辺野古移設中止を求める共通政策で合意したことを玉城知事が歓迎したとの報道がある。一方で自民党沖縄振興調査会が菅総理に新たな沖縄振興計画を要請している。玉城知事は、衆議院議員選挙等で国政与党を応援するのか。国政野党を応援するのか。理由も含めて見解を問う。


(3) 国民民主党は、旧民主党の鳩山政権が県外移設を掲げ迷走したと指摘、一方的に中止・反対を唱えても、米国の了解を得ずにはできない話だと異論を唱えている。国民民主党は、現実的なアプローチを主張している。玉城知事も当時は民主党の国会議員であり、国民民主党の主張は理解できると思う。辺野古移設問題は、国民民主党の主張のように現実的なアプローチが必要ではないか。玉城知事に伺う。


7:普天間飛行場代替の辺野古埋立事業について


(1) 現在、行政手続で埋立事業は進められている。総事業費と現在までの発注工事高と比率を伺う。


(2) 今、国から提出されている設計変更承認の申請も行政手続である。標準期間を超えて時間をかけて質問を繰り返し回答を得ると設計変更は承認すると思われる。この理解でよいか伺う。


8:オール沖縄の政治体制について


オール沖縄とは、翁長前知事を中心に保守の一部と革新が連携し辺野古反対でまとまり、他の政策は腹八分で進める仕組みであったと思う。翁長前知事あってのオール沖縄であり、玉城デニー知事ではオール沖縄にはならないと思う。今の実態は、革新共闘であり選挙で勝つためにオール沖縄を使っていると思う。玉城知事の見解を問う。


9:新たな沖縄振興計画と次年度の国の沖縄関係予算について


これまで振興計画は、10年前に仲井眞元知事、20年前に稲嶺元知事がつくり上げたものである。仲井眞・稲嶺元知事の熱意と知恵と強いリーダーシップで実現させたと思う。このことは県知事の大きな責任でもあります。


(1) そこで玉城知事に伺う。


ア:新たな沖縄振興計画をいつまでに決定させるか。


イ:新たな沖縄振興計画の期限はどうするか。


ウ:新振計期間の年間予算額の設定はどうするか。


(2) 県の素案に国に貢献する義務を明記した理由を説明願う。


(3) 次年度の国の沖縄関係予算について


玉城知事は、概算で3600億円要求したものの、概算要求額は2998億円に決定した。概算要求で602億円の減額は、県の調整不足・努力不足であると考えている。これから年末の予算決定に向けて玉城知事の真価が問われることになる。玉城知事の決意を伺う。


10:県立病院のクラスター公表遅れ隠蔽問題について


(1) 中部病院の集団感染者及び死亡者数は。


(2) 7月12日、沖縄県議会決議「県立病院で発生した大規模クラスター及び新型コロナウイルス感染症対策の在り方に関する決議」への対応を伺う。


(3) 決議で「再発防止の徹底」を求めているが、県立病院のクラスターはどうなっているか伺う。


(4) 7月27日、うるま市議会「沖縄県立中部病院で発生したクラスターの公表遅れ及び感染症対策についての意見書」への対応を伺う。


11:首里城火災について


首里城火災の原因究明や責任の所在を求める声が根強く、誰も責任を取らない状況に県民から不満が寄せられている。そこで伺います。


(1) 首里城火災に係る再発防止検討委員会の検証を受けて、改めて県の責任の所在が明確になったと思う。誰がどのような責任を負うのか説明願う。


(2) 火災は初期消火が重要である。首里城火災で初期消火ができなかった理由を説明願う。


(3) 玉城知事が韓国出張でトップ不在の危機管理対応が露呈されたと思う。知事不在の問題点を説明願う。


(4) 県が対策本部を設置したのが全焼後の午後2時30分である。約11時間燃え続け全焼後である。消火対策、被害拡大防止対策のために対策本部は設置するものである。玉城知事が韓国から帰ってから対策本部を設置した。大問題ではないか。知事の見解を問う。


12:我が党の代表質問との関連について


照屋守之

一般質問を終えて


関連記事