[委員会報告] 座喜味 一幸 平成31年第2回議会(2月定例会)予算特別委員会

平成31年第2回議会(2月定例会)
予算特別委員会 審査及び付託議案の報告

座喜味 一幸

1:補助金事業、公共投資交付金等、全国的に取り組まれている国土強靭化事業、TPP関連事業等の予算確保については、強靭化事業への取り組みは遅れている。(土木)

農業基盤整備TPP関連予算の増額に取り組んでいくとしているが、対応が甘い事も予算減額の要因。

2:大型MICE事業について

一括交付金を団円したのなら県民経済界に今後の方針を説明責任を果たすべき事については、31年度予算の中で検討するとの答弁で知事の行政手腕、国との交渉力のなさを露呈。
入札基本合意の受注業者への対応もなされず、今後話し合っていくとの状況で県行政の信頼は損なわれつつある。

3:知事に予算委員会出席を求めても、与党多数で否決されるなど、行政と議会の独自性や機能が損なわれていることも残念としか言えない。


2019-03-19 | Posted in 予算特別委員会, 座喜味一幸No Comments » 

関連記事