百条委員会設置見送るも県知事の官製談合疑惑調査チームを立ち上げ

百条委員会設置見送るも
県知事の官製談合疑惑調査チーム
を立ち上げ

沖縄県議会9月議会最終日

県知事と職員が県事業受託業者と契約前日に飲食会に参加した問題を自民党は一般質問、緊急質問、各常任委員会で追及した。

しかし全く納得出来るような回答がなく、疑惑が更に深まる結果となった。公明党と維新の会の賛同を得て百条委員会設置に向け多数派与党の理解を最後まで求めるも、与党各派とも「議論は尽くされた」として今議会における百条委員会設置の可能性が無くなったため、百条委員会設置については11月議会へ持ち越しとなった。

 早速、本日午後、自民党会派は「県知事の官製談合疑惑」と位置付けプロジェクトチームを立ち上げ、受託業者との飲食問題に端に発した知事肝いり事業の業者選定、発注方法、癒着性等の調査を行い、事実関係を積み上げて百条委員会の提案や県民世論へ訴えて行く事を決め、記者会見で発表した。


2019-10-15 | Posted in お知らせ, 議会活動報告No Comments » 

関連記事