最近の定例会

[一般質問] 呉屋 宏 令和二年第7回沖縄県議会11月定例会


令和二年12月7日(月)
令和二年第7回沖縄県議会(11月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より呉屋宏議員が四番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

今回の一般質問は5項目通告しておりますが、災害救助ヘリについてと新型コロナウイルス対策に重点をおいていく。


令和二年12月7日(月)

第7回沖縄県議会(11月定例会)一般質問

呉屋 宏(ごや ひろし)(会派:沖縄・自民党)

呉屋宏

1:新型コロナウイルス対策について


(1) 新型コロナウイルス感染症の現状と今後の推移について


(2) 今後の対策について


2:宜野湾市の道路問題について


(1) 大謝名と普天間を結ぶパイプライン線について


(2) 宜野湾市の真栄原―大謝名線について


(3) 県道81号線と高速北中インターを結ぶ県道開設について


3:HACCPについて


(1) 食品衛生についてどのような方向を考えているか。


(2) HACCPの現状と今後の対策について


4:災害救助ヘリについて


(1) 沖縄県の現状を伺う。


(2) ドクターヘリと災害救助ヘリとの関係について伺う。


(3) 他県の状況はどのようになっているか。


(4) 沖縄県は災害救助ヘリの役割をどこが担っているか伺う。


(5) これまで災害救助ヘリの必要性について検討したか伺う。


5:沖縄県総合運動公園について


(1) 公園内にある競技用プールの活用と今後の見通しについて伺う。


(2) これからの全国規模の大会の予定はどうなっているか。


(3) 前回の一般質問後、どのような検討をしたのか伺う。


6:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

今回の一般質問は有意義であった、宜野湾のパイプラインの調査費が来年予算をつけるということの確約と、防災ヘリを早期に整備すること確約がとれたことは良かった。


関連記事