最近の定例会

[一般質問] 花城 大輔 令和三年第10回沖縄県議会11月定例会

令和三年12月7日(火)
令和3年第10回沖縄県議会(11月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より花城大輔議員が4番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

私たちの生活を取り巻くあらゆる問題は、何ら着手されずに時間だけが過ぎていく現状を多くの県民は知らずにいるのだろうと思っています。

何でも国に責任を押し付けて、それで沖縄は良くなるのでしょうか?

私は、改めて、沖縄県知事の政治姿勢を問い直して参りたいと思います。


令和三年12月7日(火)

第10回沖縄県議会(11月定例会)一般質問

花城大輔(はなしろだいすけ)(会派:沖縄・自民党)

花城大輔

1:北朝鮮人権侵害問題啓発週間について


(1) 北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者(通称:特定失踪者)の全国と沖縄の現状について伺います。


(2) 行方不明者と特定失踪者の違いについて伺います。


(3) 現段階における沖縄県警の捜査状況について伺います。


(4) 沖縄県のこれまでの取組について伺います。


(5) 沖縄県の今後の取組について伺います。


2:沖縄の人々を先住民族とする国連勧告について


(1) 知事の見解を伺います。


(2) 「沖縄の人々を先住民族とする国連勧告の撤回を実現させる沖縄地方議員連盟」からの公開質問状への対応について伺います。


3:2022年祖国復帰50年を迎えることについて


(1) これまでの記念式典の意義と成果について伺います。


(2) 50周年式典についての趣旨・目的について伺います。


4:知事の政治姿勢について


(1) 政府との次年度予算折衝の状況について伺います。


(2) 知事の地元とされる伊江村、うるま市、沖縄市を含む沖縄第3選挙区の衆議院選挙結果について伺います。


(3) 普天間基地代替施設工事に伴う変更不承認について伺います。

ア:知事の考える民意について


(4) 中国による人権弾圧の現状について


5:我が党の代表質問との関連について


花城大輔

一般質問を終えて

『沖縄の人々を先住民族として認め、これを保護しなさい』とする勧告が、国連から日本政府に対して、計5回出されている。

日本政府は、明確にこれを否定しているのだが、沖縄県はスルー状態である。これを明確に否定しなければ、認めたものとして、国際的に誤ったメッセージを発する事になる。それに対して知事は姿勢を明らかにしていない。

この件は、今後、祖国と沖縄県の分断に繋がり、大きなデメリットを生み出す可能性がある。この件を整理することなく、祖国復帰50周年を迎えることに、玉城県政の政治姿勢に危機感を覚えるものである。


関連記事