最近の定例会

[一般質問] 大浜 一郎 令和四年第6回沖縄県議会9月定例会

令和四年10月12日(水)
令和4年第6回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(一日目)に沖縄・自民党より大浜一郎議員が1番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

玉城知事の2期目県政について問う
知事の政治姿勢として、安倍元総理国葬への知事の姿勢を問い、これからの国との信頼関係や対話をどう成熟していくのかを伺う。

また、公約実現率という新しい指標での公約の推進について伺う。

また、標榜している国連演説の趣旨、新たな基地負担激減への協議会の設置の意味、次期沖縄振興予算への折衝への取り組み、中国の尖閣諸島への圧力が常態化し、さらに台湾への圧力が日増しに増している中、不測の事態への対応としての国が検討している住民避難シェルター設置について知事の国際環境変化への理解度を問う。

八重山地域における、地域課題として様々なご意見を頂いていることから、その対応を問う。

特に離島地域医療の充実整備への取り組みと、コロナ禍で体現した医療体制の取り組みは、重要性を増している。

防災への取り組みについては、防災情報の蓄積や情報がもたらす対策が重要であり、特に海底地震観測の整備は必要不可欠であることから、その対策への進捗状況を伺う。

感染症対策として、今後インフルエンザとコロナが同時に流行する懸念が高まっていることから、県の対策を問う。

知事にとって2期目のスタートであり、沖縄自民党として、しっかりと県政の方向性を問いただしていく。


令和四年10月12日(水)

第6回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

大浜一郎(おおはまいちろう)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 安倍元総理国葬への対応について


(2) 県政1期目の自己採点及び2期目に目指す公約実現率について


(3) 知事の標榜する国連演説による辺野古移設打開の趣旨について


(4) 基地負担軽減を協議する新たな三者協議設置要望の必要性とその内容について


(5) 知事の次期沖縄振興予算折衝への具体的な取組について


(6) 政府が検討している八重山地域住民避難シェルター整備について


2:八重山地域の課題について


(1) 八重山圏域の振興としての優先課題への取組について


(2) 昨今の建設資材等価格急騰における公共工事に携わる建設、設備事業者へのスライド条項等の柔軟な対応及び離島地域特有の経費等への対応状況について


(3) 石垣空港アクセス道路の進捗状況及び今後の対処方針について


(4) 県有地の利活用に関する基本的な考え方について


ア:旧八重山病院跡地の利活用について


イ:八重山圏域の切実な政策課題である離島医療体制整備の対処方針について


ウ:八重山圏域の高齢化対策として介護医療体制整備への県の具体的な取組について


(5) 農業、畜産事業者における飼料、肥料価格急騰への迅速な購入支援対応について


(6) 水産事業促進における与那国島、波照間島周辺海域へのパヤオ設置の必要性について


(7) 部活動派遣費用負担による家計負担増となる離島と本島との格差対策について


(8) 常設急患搬送ヘリポート建設における地元自治体との協議の進捗状況について


3:防災対策について


(1) 南西諸島地域海底地震観測網設置における現況の進捗状況について


4:感染症対策について


(1) 日本感染症学会等が懸念するインフルエンザ早期流行警戒とコロナ同時流行への県内医療機関の対応について


5:我が党の代表質問との関連について


大浜一郎

一般質問を終えて


関連記事