[ 活動報告 ] パラオ漁業規制が緩和され影響が軽減されました

漁業規制緩和を伝える現地紙の記事

パラオ政府が沖縄の漁船も含む日本の漁船に対し2020年以降の一部海域での操業を認める方針を明らかにしました。


■NHKニュースでも取り上げられた操業規制の緩和

沖縄県のマグロ漁船が多く操業しているパラオ共和国の周辺海域では、同国政府が海洋資源保護に向けて外国漁船の操業の規制を来年から実施をする予定でした。

同規制に対し、県内の漁業者を中心に影響を懸念する声をうけて、沖縄・自民党では平成31年3月にパラオ共和国に赴き、大統領及び国会議員等にたいし沖縄側の真意を伝える要請活動を行いました。


参考ページ:[ 出張報告 ] マグロ漁操業継続に向けた要請活動 [ パラオ共和国 ]



今回のパラオ政府に規制緩和には、沖縄とパラオとの何世代にも渡る歴史的深い繋がりと、いち早く沖縄・自民党会派が現地に赴いた結果がでたのではないでしょうか。


2019-06-19 | Posted in お知らせ, 議会活動報告No Comments » 

関連記事