[一般質問] 具志堅 透 令和元年第4回沖縄県議会6月定例会

令和元年6月28日(金)
第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問
具志堅 透 (ぐしけん とおる)(会派:沖縄・自民党)

具志堅 透

1:基地問題について


(1) 沖縄防衛局から申請されているサンゴの特別採捕許可について伺う。


(2) 本部港塩川地区における妨害行為について伺う。


(3) パラシュート降下訓練を米軍伊江島補助飛行場に移転するとしているSACO最終報告の解釈について、知事の認識を伺う。


2:沖縄振興について


(1) 沖縄の経済は好況のただ中にある。その要因は、これまで政権政党である自民党・政府が一体となって予算を確保し、また、特別な税制措置を講じ、社会資本の整備、産業振興、人材の育成等を推進してきた。種をまき、育てた成果が今、沖縄経済の好調な姿としてあらわれていると思うが、知事の見解を伺う。


(2) 予算の推移、税制措置の効果等を伺う。


3:北部地域医療の充実について


(1) 県立北部病院の産婦人科で本土医大から医師派遣が中止される等、医師確保について深刻な状況となっている。現状について伺う。


(2) 県立北部病院と北部地区医師会病院の統合による基幹病院構想の実現について伺う。


4:社会資本の整備について


(1) 鉄軌道の整備について、取り組みと実現性を伺う。


(2) 県道等道路網の整備について、現在事業実施中の県道の進捗(工期等)と必要予算が確保されているか伺う。


(3) 大宜味村議会から要請のあった、河川河口閉塞の改善について、県の対応を伺う。


(4) 県民の森の利用状況と整備について伺う。


5:我が党の代表質問との関連について


定例会をおえて

北部地域医療崩壊の危機!!早急な基幹病院設立を!!

大宜味村内の河口閉塞が原因で川が氾濫し、喜如嘉において一部地域で冠水が起こっている。

村議会から抜本的な改善を求める要望が提出された。県の対応を質した。

河口閉塞が起こる原因は、上流に県民の水がめのダム建設がある。
海砂が別の地域から寄せてくる事等を訴え、ソフト交付金の活用を引き出した。ソフト交付金は県分の活用を強く求めた。

北部地域の医療が崩壊の危機にある。
地域住民が安心して暮らすには、早急な基幹病院の建設が求められるが知事公約の柱の一つでもあったと思うが、遅々として進まない。


2019-06-22 | Posted in 一般質問, 具志堅透No Comments » 

関連記事