一般質問

[一般質問] 島袋 大 令和元年第5回沖縄県議会9月定例会

令和元年9月30日(月)
令和元年第5回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問に沖縄・自民党より島袋大議員が一番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

何もしない!何も出来ない!
玉城デニー県政追及!!

令和元年9月30日(月)
第5回沖縄県議会(9月定例会)一般質問
島袋 大(しまぶくろ だい) (会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治倫理に関する考え方について


(1) 公平・公正を大事にすべきだと思うが知事の見解を伺う。


2:沖縄県職員倫理規定について


(1) 口きき防止に関する再発防止策について伺う。


3:万国津梁会議について


(1) 契約内容の詳細について伺う。


4:国による「海底ケーブルに関する予算措置」に関する県の対応について伺う。



5:沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業について


(1) 不発弾探査(磁気探査)の予算は幾らか。また、その内訳はどのような配分か伺う。


(2) 現段階での残予算と執行率はどのくらいか伺う。


(3) 過去3年間の学校及び施設を含む施主が民間の建築確認申請数はどのくらいの件数か伺う。


(4) 過去3年間の住宅等開発磁気探査支援事業の申請数はどのくらいの件数か伺う。


6:沖縄県が発行している磁気探査補助のリーフレットについて伺う。



7:国際災害救援センターについて


(1) 内容について伺う。


8:我が党の代表質問との関連について


定例会をおえて

玉城県政は「評価するに値しない」

玉城デニー知事が就任して、一年が経ちます

沖縄県のために何をしたか? 県民の為に何をしたか?
知事本人の採点は90点以上の評価。冗談ではありません。

経済・観光・医療・福祉・教育など、仲井眞県政で打ち出した21世紀ビジョンの政策の花が開いたから、沖縄県の発展に繋がっています。

私から見たデニー県政の評価は『評価するに値しない。』ということです。

一般質問を終えて、玉城デニー知事は、本人の友人や支持者の団体に3,400万円もの公金(県民の税金)を投入させ、反対のための反対キャンペーンに利用するという大変な事をしている現状が発覚しました。

玉城デニー知事の政策の柱、『誰ひとりとりのこさない社会をつくる』といっておきながら、自分さえよければ良いといわんばかりの県政運営をしています。
最終的には、誰も助けてくれない1人だけの県政運営になるのは間違いないでしょう。


関連記事