一般質問

[一般質問] 座喜味 一幸 令和元年第5回沖縄県議会9月定例会

令和元年9月30日(月)
令和元年第5回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問に沖縄・自民党より座喜味一幸議員が五番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

玉城県政就任一年目にして
沖縄経済振興の阻害県政が確定!

令和元年9月30日(月)
第5回沖縄県議会(9月定例会)一般質問
座喜味 一幸(ざきみ かずゆき)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 令和2年度概算要求額3500億が3190億円に査定された。市町村の要望が反映されていない。知事の所見を伺う。


(2) 岩礁破砕訴訟で県は上告を断念し敗訴となった。断念の理由について伺う。


2:尖閣問題について


中国防衛白書は南沙、台湾、尖閣諸島を核心的利益とし覇権戦略を一層強めている。


(1) 宮古・八重山諸島住民の安心を担保する上で、県は国民保護計画に基づく訓練など備えが大切ではないか。見解を伺う。


(2) 次年度予算で県警の装備、人員体制が強化されると報じられている。概要について伺う。


(3) 自衛隊配備の緊急性・必要性について県の姿勢を明確にすべきと考えるが、見解を伺う。


3:防災・急患搬送について


(1) 自衛隊配備地域(宮古)における、台風時などの災害派遣協力の迅速化が図れないか。見解を伺う。


(2) 急患搬送の再編と搬送機材、要員の地元常駐配備について伺う。


4:過疎・離島振興について


(1) 奄美群島振興交付金事業(条件不利性改善事業)について伺う。


(2) 農林水産物輪送費不利性解消事業の充実強化について

ア:離島から本島までの輪送費支援について伺う。


イ:生産資材輸送費の小規摸離島の支援について伺う。


5:下地島空港残地の利活用について


(1) 参入事業者事業計画と基本合意協定の見通しについて伺う。


(2) 県有地の無償農業利用者の実数と対応について伺う。


(3) 未登記県有地の面積、筆数、それらの対応について伺う。

6:我が党の代表質問との関連について


定例会をおえて

1:予算確保に対する交渉、政治折衝の努力の跡が全く見られない。

3500億円要求が3190億円に査定された事に、査定した国(政府)が悪いとでも言わんばかり。三役の政治力・交渉力の限界だ。ポスト振計が心配だ。


2:基地問題についての訴訟の勝訴への執念と見通し見えず。

基地を作らせない知事公約は破たんしている。工事をいたずらに伸ばす事に終始するだけ。


3. 尖閣問題では警察、海保の体制強化!

先島への自衛隊配備が進められる中、県は配備推進を明確化に言えない無責任だ。県民の生命・財産より、イデオロギ―政局、優先が県政の姿だ。


関連記事