一般質問

[一般質問] 花城 大輔 令和元年第5回沖縄県議会9月定例会

令和元年9月30日(月)
令和元年第5回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問に沖縄・自民党より花城大輔議員が二番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

今回の一般質問では、遅々として進まない那覇軍港移設や年々減り続けている一括交付金等、県民の為の仕事が進まない現状がある中で、知事が海外での活動や全国キャラバン等に時間を費やしている点を中心に知事の政治姿勢を問う!

令和元年9月30日(月)
第5回沖縄県議会(9月定例会)一般質問
花城 大輔(はなしろ だいすけ) (会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 知事の海外出張について伺います。

ア:回数と費用について


イ:成果について


ウ:今後の計画について


(2) 知事と面談する際の取り決めについて伺います。


(3) 県職員の管理体制について伺います。


ア:職員の不祥事に対する対応と対策について


イ:外郭団体の運営担当者について


(4) トークキャラバンについて伺います。


(5) 消費税増税について伺います。


ア:沖縄県で期待される効果について



2:我が党の代表質問との関連について


定例会をおえて

知事は、本当に大切な事は明言しない!

知事は、就任してこの1年を振り返って、県民に対して、どのような沖縄を目指していくのかはっきりさせるべきだ」と要望しました。

ロバート梶原氏が、国連の人権委員会で『日本軍は沖縄戦で琉球人を14万人を虐殺した』と発言した件も、宜野湾市議会が辺野古移設推進と決議しても、発言する立場にないという姿勢は沖縄県のリーダーとして相応しくないと思います。

そして、玉城県政の矛盾である『辺野古は反対であるが、浦添は容認』とする政治姿勢も許されるものではない。

今後とも知事の政治姿勢について、しっかりと追及していきたいと思います。


関連記事