[一般質問] 座波 一 令和二年第1回沖縄県議会2月定例会

令和二年2月26日(水)
令和二年第1回沖縄県議会(2月定例会)の一般質問に沖縄・自民党より座波一議員が五番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

首里城火災の責任問題、万国津梁会議業務に関する疑惑問題と職員倫理のあり方を 追及し、MICE施設整備事業で派生した和解金問題を追及する。

令和二年2月26日(水)
第1回沖縄県議会(2月定例会)一般質問
座波 一(ざは はじめ) (会派:沖縄・自民党)


1:首里城火災焼失問題に関連して


(1) 火災の原因究明、再発防止、責任の所在について伺う。


(2) 復興支援寄附金募集と使途について伺う。


2:万国津梁会議支援業務に関連して


(1) 県職員の公務員倫理遵守への取り組みと知事自身の倫理観について伺う。


(2) 知事の主要施策委託事業の公平性について伺う。


(3) この問題に対する知事及び幹部の議会答弁の妥当性について伺う。


3:乙第37号議案(和解金)に関連して


(1) 大型MICE施設整備運営事業の落札無効による和解金発生の経緯を伺う。


(2) 和解金の発生の根拠と財源及び責任の所在を伺う。


4:県土の均衡ある発展に関する県の取り組みに関連して


(1) 那覇広域都市計画の区域区分の見直しの方針を伺う。


(2) 国際物流拠点産業集積地域の区域指定について伺う。


(3) 南部東道路、国道507号の早期整備と次年度予算を伺う。


5:我が党の代表質問との関連について


定例会を終えて

MICE事業落札業者への9000万余の和解金拠出は沖縄県政の大失態だ。


2020-02-19 | Posted in 一般質問, 定例会動画, 座波一No Comments » 

関連記事