[ 勉強会 ] 那覇商工会議所、沖縄県商工会連合会より、新型コロナウイルスに関する取り組みについて説明及び意見交換

令和2年3月3日
新型コロナウイルスに関する経営窓口を1月29日設置すると同時に、感染症で影響を受けた中小企業セフテイーネット資金や雇用調整助成金に関する制度の周知及び対象企業の申し込み状況の把握など、那覇商工会議所、沖縄県商工会連合会の取り組み状況の説明を受ける。その後の意見交換において、次の課題が抽出された。


●安全安心で企業活動ができるよう洗浄機器薬品が充分確保できるようにする。


●融資制度の周知を新聞、TV等での周知方お願いしたい。


●商工会議所や市町村及び沖縄県信用保証協会など、関係機関における手続きの簡素化と短縮をお願いしたい。


●通常業務に加え諸手続きに伴う指導員、支援員の増強に係る助成制度の創設など、種々課題が浮き彫りになった。


沖縄自民党は、上記の課題について、マスコミや沖縄県、沖縄県信用保証協会及び沖縄総合事務局並びに沖縄振興開発金融公庫など、関係機関に協力要請を行う。


2020-03-03 | Posted in お知らせ, 勉強会, 議会活動報告No Comments » 

関連記事