最近の定例会

[一般質問] 花城 大輔 令和三年第8回沖縄県議会9月定例会

令和三年9月27日(月)
令和3年第8回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より花城大輔議員が7番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

コロナ禍の中、50年の節目を目の前にして、どのような沖縄を描いていくのか?振興計画の進捗状況、来る衆議院選挙、こどもの貧困の解決方法等について、知事の政治姿勢を確認して参ります。


令和三年9月27日(月)

第8回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

花城大輔(はなしろだいすけ)(会派:沖縄・自民党)


1:献血事業について


(1) 県としての協力について伺います。


(2) 団体献血の支援について伺います。


2:アフターコロナにおける沖縄アリーナの利活用について


(1) 期待される大規模イベントの誘致計画について伺います。


(2) FIBAワールドカップ2023予選ラウンドについて伺います。


ア:開催決定に至る経緯について


イ:進捗状況について


(3) 国民文化祭2022について伺います。


ア:開催に至る経緯について


イ:進捗状況について


3:知事の政治姿勢について


(1) 沖縄振興計画について伺います。


ア:現在の状況について


イ:今後10年間で目指す沖縄像について


ウ:海底資源開発の取組について


エ:子供の貧困問題解決への取組について


(2) 自衛隊の弾薬搬入に対する見解について伺います。 


(3) 衆議院議員選挙候補予定者の政策についての評価を伺います。


4:県内の交通渋滞対策について


(1) 現状と対策について伺います。


(2) 今後の取組について伺います。


5:我が党の代表質問との関連について


花城大輔

一般質問を終えて

辺野古反対を3年間訴え続けている知事は、未だに「真摯に取り組みたい」と答弁を繰り返しながら、何の対策も講じていない。

そんな中、次期衆議院選挙を前に最も重要な政策に対して次のように質問を致しました。

次期衆議院選挙の公約の中で、辺野古問題を上位に考えている候補予定者はいませんが、見解を伺います。

お答えできません。という答弁でした。

次に沖縄振興予算について、一括計上方式が県の成長を阻害している。見直すべき(屋良)とする候補者と、10年延長を勝ち取り、しっかりと沖縄に山積する問題を解決していく(島尻)とする候補者のどちらが知事の政治思想と近いですか?

これについても、明確な答弁はありませんでした。

公約達成率1.6%、考え方がバラバラで烏合の衆と化した沖縄県政の終わりの始まりが近づいていると感じた。


関連記事