[臨時会] 西銘 啓史郎 令和二年第2回沖縄県議会

令和二年5月1日(金)
令和二年第2回沖縄県議会(臨時会)の本会議が行われ、会派沖縄・自民党より西銘啓史郎議員が登壇しました。

県民の命と生活を守り抜き、新型コロナウイルス対策を最優先で実施すべき!!

令和二年5月1日(金)

第2回沖縄県議会(臨時会)本会議

西銘 啓史郎 (にしめ けいしろう)(会派:沖縄・自民党)


1:検査・医療提供体制の強化について


(1) 8つの事業で総額約30億円計上されているが、今後の感染防止策及び医療崩壊防止策を含め十分との認識か伺う。

(2)新型コロナウイルス感染症医療体制等構築事業について

ア:補助金、委託料、報償費等の内訳について伺う。
イ:県医師会からの要望(4月7日付)への対応(回答状況等)について伺う。
ウ:衛生資材の在庫状況と今後の補充及び提供体制について伺う。


2:県民、生活困窮者及び事業者・生産者向けの支援について


(1)給付事業、貸付事業の予算総額について伺う。
(2)各窓口での体制について現状と課題について伺う。
(3)雇用調整助成金について県の上乗せ対策について伺う。

 


3:乙第1号議案について 


(1)過去の事例について伺う。(知事・副知事給与減額等)
(2)管理職等についての考え方を伺う。

臨時会を終えて

1:感染拡大防止と医療崩壊防止の為に正しい情報の収集と発信を行うこと(県のホームページ改修含む)

2:今日の追加補正予算では充分ではなく、次の手も早めに対策を講じる事

3:給付・貸付・猶予の施策等を必要な方に分かり易く提供する事等々、強く要請した。


関連記事