最近の定例会

[一般質問] 下地 康教 令和二年第6回沖縄県議会9月定例会


令和二年9月28日(月)
令和二年第6回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(初日)に沖縄・自民党より下地康教議員が八番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

新型コロナウイルス感染に係る離島対策の現状と課題や下地島空港利活用に係る観光ゾーンや国際都市活用ゾーンの利活用問題を取り上げます。

また、この時期における新参与任命の必要性について質問します。


令和二年9月28日(月)

第6回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

下地 康教(しもじ やすのり)(会派:沖縄・自民党)

下地康教

1:新型コロナウイルス感染症対策について


(1) 離島における県出先機関と地元行政機関及び医療機関等との連携及び情報共有の改善は進んでいるか伺う。


2:農林水産物不利性解消事業について


(1) 対象品目の拡大の検討について伺う。


3:過疎地域自立促進特別措置法について


(1) 現行法では、宮古島市など市町村合併の特例措置が適用されているが、改正後に維持されるか伺う。また、現状の措置を維持するための働きかけはどのようになっているか伺う。


4:下地島空港利活用について


(1) 9月10日に下地島空港に宇宙港の整備計画が発表されたが、その他観光ゾーンや国際都市活用ゾーンの利活用はどのようになっているか伺う。


5:尖閣漁業問題について


(1) 2013年に締結された「日台漁業取決め」に係る外国船調査事業の内容について伺う。


6:新たな政策参与の任命について


(1) なぜ、この時期に参与を任命する必要があるか伺う。


7:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

今回の一般質問は
1.「新型コロナ対策に係る県出先機関と地方関係機関との連携強化」
2.「農林水産物不利性解消事業へのカツオ、枝豆、紅芋ペースト対象品目追加」
3.「過疎地域自立促進特別措置法の延長」
4.「下地島空港利活用」
5.「日台漁業取決めによる外国船調査業務報告書の簡素化」
6.「新たな政策参与の任命について」
7.「那覇港管理組合による不適切な意識調査」について当局質問した。

どれを取っても、県民の立場に立った分かり易い答弁はなかった。これからも、玉城知事の不適切県政運営を質して行く!


関連記事