最近の定例会

[一般質問] 呉屋 宏 令和二年第6回沖縄県議会9月定例会


令和二年9月29日(火)
令和二年第6回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より呉屋宏議員が四番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

今回の一般質問は7項目通告してはあるが、宜野湾マリーナの使い方についてと新型コロナウイルスの感染縮小とPCR検査に重点をおいていく。


令和二年9月29日(火)

第6回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

呉屋 宏(ごや ひろし)(会派:沖縄・自民党)

呉屋宏

1:過疎地域対策について


(1) 過疎地域のテレビ電波の受信(7月一般質問)について、現在の進捗状況は。


2:沖縄の農業政策について


(1) 本島内の製糖工場の実態について伺う。


(2) 現在のサトウキビ生産者は何名ぐらいか。


(3) 農家の生産金額はどれぐらいか。


3:沖縄振興計画について


(1) 第6次の振興計画を考えているのか。


(2) もし継続するのであれば次期振興計画の方向はどのようにするか。


(3) 現在の振興計画は準備にどれくらいの期間がかかったか。


4:県立高校の在り方について


(1) 現在の高等学校で定員割れしているところはどこか。


(2) 定員割れについてはどのような考えがあるのか。


5:宜野湾マリーナについて


(1) 宜野湾マリーナを設置した理由はどこにあったのか。


(2) 宜野湾マリーナの船の係留状況はどうか。


(3) 指定管理の在り方について伺う。


(4) 宜野湾マリーナは順調に稼働しているか。


6:沖縄県総合運動公園について


(1) 公園内にある競技用プールは国民体育大会に合わせて造ったものと認識しているが現状はどのような状態か。


(2) 今後、この競技用プールをどのようにするつもりか。


7:新型コロナウイルス感染症について


(1) 第2波の感染拡大を経験しての所見を伺う。


(2) PCR検査の検体採取は広げているが、実際の検査機関は日量何件できるか。


(3) コロナ感染症における濃厚接触者の扱いを県民は大変不安に感じていたが、このやり方で今後も続けていくのか。


(4) 新型コロナウイルス感染症に対して今後の方針を伺う。


8:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

今回の一般質問終えて
メインは新型コロナウイルスのことを中心に行いました。
この感染症については、知事が先頭になって関わっているように思えないリーダーシップが欠如している。可愛そうなのは下で働いている皆さん、積極的に関わらない沖縄県知事。


関連記事