最近の定例会

[一般質問] 新垣 淑豊 令和二年第6回沖縄県議会9月定例会


令和二年9月29日(火)
令和二年第6回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より新垣淑豊議員が三番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

今回の一般質問では
①那覇軍港の浦添移設の県の姿勢は?
②座間味村の浄水場建て替えで、なぜ地域の声を聞かないのか?
③政策参与は何をする人なのか?
④コロナウイルス禍において県内の学生に対しての影響はどのようになっているか?

の4本立てで行います!


令和二年9月29日(火)

第6回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

新垣 淑豊(あらかき よしとよ)(会派:沖縄・自民党)

新垣淑豊

1:那覇港湾施設(那覇軍港)の那覇市から浦添市への移設に対する知事の見解について


(1) これまでの知事の那覇軍港移設に対しての立場と考え方はどのようであったか、及び、せんだって浦添市長が移設北側案の受入れを表明したが、今後の取組の方針とスケジュールについて伺う。


2:座間味浄水場の建て替えについて


(1) 座間味村の浄水場の建て替えについて、本事業のこれまでの経緯について、どのような変遷があったのか伺う。


3:県政参与などの採用や経験者採用について


(1) これまで県政参与には、翁長雄志県政から5年間において照屋義実氏、以前には前期と今期の県議会議員選挙に立候補した吉田勝廣氏、今年4月から金城実氏が採用されており、9月に入り前県議の亀浜玲子氏が新たに採用されている。県政参与の採用基準と役割について伺う。


4:南北縦断鉄軌道について


(1) 9月13日県内新聞社報道において、「「沖縄に鉄軌道」費用対効果は目安を大幅に下回る 前年度よりは微増 内閣府調査」との見出しが出た。

国の試算では、導入コストに対する経済効果を示す「費用便益比」(B/C)は0.71となっており、前年度調査比で0.02改善したものの、事業実施の目安となる1を引き続き大きく下回った。

県の試算では1を上回っていると聞いているが、その差異の理由を簡潔に伺う。


5:県内の大学生・専門学校生・高校生などの新型コロナウイルス禍における影響について


(1) 県内でも新型コロナウイルス感染拡大による経済的な影響が大きくなっているが、県内の学生などに対してどのような影響があるのかを伺う。


6:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

突然の那覇港湾組合の県民意識調査に対し、那覇市・浦添市共に抗議文を出したこと、さらに座間味の浄水場の建設場所についての件など、沖縄県は市町村との対話が全くできていないということがわかりました。
さらには、知事の支持者を任期付き一般職としての採用がなされていることに対し、今後もしっかりとチェックをしていかなければならないと感じました。
残念ながら、通告の質問は全て終えることはできませんでしたが、普段の活動の中で取り組みをしてまいります。


関連記事