最近の定例会

[一般質問] 花城 大輔 令和二年第6回沖縄県議会9月定例会


令和二年9月29日(火)
令和二年第6回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より花城大輔議員が六番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

今定例会の一般質問では、遅々として進まない対話による辺野古問題の解決、国から予算化されている支援金がなぜ、県内に行き渡っていないのか?また、疑惑の会食から始まった一連の疑義と人事決定のプロセスについて質していきたいと思います。


令和二年9月29日(火)

第6回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

花城 大輔(はなしろ だいすけ)(会派:沖縄・自民党)

花城大輔

1:知事の政治姿勢について


(1) 安倍政権に対する評価について伺います。


(2) 菅政権に対する期待について伺います。


(3) 沖縄振興計画について伺います。

ア:次期振興計画への取組と進捗について


(4) 就任後2年間の実績について伺います。


(5) 県庁人事について伺います。


2:普天間飛行場代替施設建設事業について


(1) 経費と工期について伺います。


(2) 今後の取組について伺います。


(3) 那覇軍港移設との見解の違いについて伺います。


3:万国津梁会議委託事業について


(1) 事業で得られた成果について伺います。


(2) 疑惑の会食から始まった一連の説明責任について伺います。


4:新型コロナウイルス感染症対策について伺います。


(1) 各種業界への支援策の評価について

5:東部海浜開発事業について


(1) 進捗状況について伺います。


(2) 同地区鳥獣保護区指定に向けた考え方について伺います。


(3) 沖縄市との調整状況について伺います。


6:我が党の代表質問との関連について


花城大輔

一般質問を終えて

普天間飛行場の辺野古への移設は民意に基づいて反対していると主張する知事に対し、浦添の那覇軍港移設は民意か?と質問したところ『那覇市長と浦添市長が推進しているため、民意である』との答弁であった。
知事は那覇軍港移設に更に大きく踏み込んだと思う。


関連記事