最近の定例会

[一般質問] 大浜 一郎 令和二年第7回沖縄県議会11月定例会


令和二年12月7日(月)
令和二年第7回沖縄県議会(11月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より大浜一郎議員が一番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

尖閣問題について、日本漁船を偽装漁船と中国外相は断じた。これは傲岸不遜の暴言であり、沖縄県としても断固として抗議すべきである。

また、次期沖振計への新たな制度提言中間報告を示したが、離島地域へ向けた制度提言について、新しい時代において重要度を増した課題と一致しているかなどを問う。

八重山の課題ついても、個別具体的に問うていく。


令和二年12月7日(月)

第7回沖縄県議会(11月定例会)一般質問

大浜 一郎(おおはま いちろう)(会派:沖縄・自民党)

大浜一郎

1:知事の政治姿勢について


(1) 玉城県政における「離島振興は一丁目一番地」の方針、その思いについて


 ア:知事の石垣市視察(11月11日)においての感想について


 イ:尖閣諸島で操業する日本漁船に「偽装漁船」と断言した王毅中国外相の傲岸不遜な暴言について


 ウ:MICEエリア形成における新たな構想について


2:次期沖振計における離島振興について


(1) 新たな沖縄振興のための制度提言中間報告における離島関連について


 ア:新しい時代における離島の産業振興、将来人口推計における重要度を増した課題について


3:新型コロナ影響下における直近の県内企業経営状況について


(1) 直近の調査により県内企業の信用リスクが増加していることへの対処方針について


4:八重山地域の課題について


(1) 感染拡大が続く新型コロナウイルス対策としての離島医療体制拡充について


 ア:県立八重山病院における現況PCR検査体制、医療物資・機器配備等の現状について


 イ:補正予算の医師派遣補助に伴う県立八重山病院への派遣医師数について


 ウ:指定医療機関のない離島地域のPCR検査結果判明までの待機宿泊施設対応等について


(2) 地域未来促進法を活用した石垣市におけるリゾート施設建設進捗状況について


(3) 西表島の世界自然遺産登録後を見据えた自然環境に配慮した利用ルール策定について


 ア:住民生活(地域祭事等含む)の影響への取組について


(4) 離島製糖工場に就労する県外及び季節労働者に対するPCR検査等の対処方針について


(5) 豚熱ワクチン非接種地域からの種豚、母豚等の輸送に係る迅速な支援について


(6) 鳥獣被害防止対策事業の割当予算の拡充について


(7) 児童生徒の紫外線被爆による眼疾患予防対策への取組について

 ア:小学校高学年で瞼裂斑(けんれつはん)有病率が増加していることへの対処方針について


(8) 与那国・花蓮高速船活用国際交流事業への県の支援方針について


(9) 県道石垣空港線進捗状況及び市道旧空港跡地線の整備促進について


5:我が党の代表質問との関連について


大浜一郎

一般質問を終えて

日本漁船を偽装漁船と断言した傲岸不遜の中国外相暴言。
海警局に尖閣海域において武器使用認めるとした件について問うたが、沖縄県は自ら中国に抗議する事を決して明言しなかった。
県民である漁業者へ中国海警船から武器を向けられる事態となるのに驚くべき情けなさです。

離島振興は一丁目一番地という知事の方針にを踏襲して、離島の振興についても、まだまだ深掘りは必要であり、制度提言が必要である。

県立八重山病院はコロナ対策において基幹病院としてPCR検査体制、医療物資の充実に更なる努力が必要である。

県内企業の信用リスクが全業種にわたり相当に高まっている。県の政策判断、支援強化策は待った無しである。

地域未来促進法を利用した石垣市でのゴルフ場を含むリゾート施設については、付加価値のある観光経済、農林水産業への波及効果が大きい施設整備である事から、スピード感のある協議の進展を望むものである。

県議会一般質問は知事不在により行なわれたが、知事も今定例会内容を確認して、是正する事は是正する事を望むものである。


関連記事