最近の定例会

[一般質問] 西銘 啓史郎 令和二年第7回沖縄県議会11月定例会


令和二年12月4日(金)
令和二年第7回沖縄県議会(11月定例会)の一般質問(一日目)に沖縄・自民党より西銘啓史郎議員が三番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

1)知事の政治姿勢

2)新型コロナウイルス対策

3)観光立県沖縄の来年度目標

4)水上安全条例改定

のテーマについて知事、執行部に質問・提言を行い、また会派視察で得た離島の課題も解決すべく、しっかり執行部へ届けます!


令和二年12月4日(金)

第7回沖縄県議会(11月定例会)一般質問

西銘 啓史郎(にしめ けいしろう)(会派:沖縄・自民党)

西銘啓史郎

1:知事の政治姿勢について


(1) 選挙公約実現に向けて成果と課題等について伺う。


(2) 那覇軍港移設問題等について


(3) 新たな沖縄振興のための制度提言(中間報告)について伺う。


(4) 政策参与(特別職)の提言実績等について伺う。


(5) 離島への自衛隊配備等について伺う。


2:新型コロナウイルス対策について


(1) 補正予算の総額と部局ごとの内訳、執行状況等について伺う。


(2) 保健所の現状(設置件数、人員体制等)と課題について伺う。


(3) これまでの総括と今後の体制等について伺う。


3:観光立県沖縄の来年度目標について


(1) 観光入域者数、観光収入等について伺う。


(2) 目標指標の設定について基本的な方針等について伺う。


(3) スポーツアイランド沖縄としての目標と課題等について伺う。


(4) 下地島空港の活用状況等について伺う。


4:水上安全条例改正の進捗状況について伺う。



5:我が党の代表質問との関連について


西銘啓史郎

一般質問を終えて

知事不在での一問一答は、本人に追求出来ないもどかしさがあった。しかし今後のコロナ対策、観光指標の提言と水上安全条例改正は提言通り実現。さらに知事の公約実現についても今後もしっかりチェックしていきたい。


関連記事