最近の定例会

[一般質問] 呉屋 宏 令和三年第1回沖縄県議会2月定例会


令和3年3月2日(火)
令和三年第1回沖縄県議会(2月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より呉屋宏議員が5番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

2月議会の中心は知事を中心にしたコロナウイルス対策の失策と次期沖縄振興策の問題です。漂流している沖縄県庁、無策のままで沖縄丸をどこの港に着くのか?船長である知事は目指す港が見えてないことを質問ではっきりさせたい


令和三年3月2日(火)

第1回沖縄県議会(2月定例会)一般質問

呉屋 宏(ごや ひろし)(会派:沖縄・自民党)


1:新型コロナウイルス感染症について


(1) 昨年2月に始まったコロナ対策について

ア:1年を振り返ってどのような感想を持っているか。


イ:これまでの対策については「うまくいっている」と思っているか。


ウ:新型コロナの対策にはどのようなものがあるという認識か。

(2) 今後のコロナウイルス感染症について

ア:現在は随分終息しているが、今後は。


イ:那覇を中心とした地域は検査が充実しているが、離島・過疎地域の対策は十分か。


ウ:今後迎えるゴールデンウイークや夏の観光シーズンについては十分な対策になっているか。

(3) コロナ禍における県庁の体制について

ア:コロナ対策の体制に問題はないか。


2:沖縄振興計画について


(1) 振興計画は継続できるのか。


(2) 第5次振興計画の総括について伺う。


(3) 50年近くの振興計画で達成できていないのは。


(4) 現在の沖縄の弱点は。


(5) 都市と過疎の格差の広がりは大きくなってないか。


(6) 沖縄振興計画の最終到達地点の考え方を伺う。


(7) 現在の県民意識調査では豊かさを感じ切れていると思うか。


3:防災ヘリについて


(1) 前回質問したときからどのような変化があったか。


4:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

今回の一般質問は我々自民党会派が進めてきたPCR検査体制一般検査で2500円がスタートしたこともあり、コロナ対策を重点的にやりました。そして、沖縄が未整理になっている防災ヘリの予算確認、沖縄振興策でしたが、終わってみて知事は全く行政のなかみがわかってないなぁーというのが感想です


関連記事