最近の定例会

[一般質問] 下地康教 令和三年第4回沖縄県議会6月定例会

令和三年6月28日(月)
令和3年第4回沖縄県議会(6月定例会)の一般質問(初日)に沖縄・自民党より下地康教議員が5番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

1.新型コロナウイルス感染防止対策に係る「離島におけるワクチン接種率」、「ワクチン接種の打ち手確保」、「ワクチン接種意欲対策」
2.離島における社会資本整備について「宮古地区における県道整備状況」、「海岸浸食問題」
3.離島における廃棄物処理問題
以上について、地域住民・離島住民の暮らしの声をくみ取り、当局の姿勢を質す。


令和三年6月28日(月)

第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問

下地康教(しもじやすのり)(会派:沖縄・自民党)


1:新型コロナ感染防止対策について


(1) ワクチン接種に係る潜在看護師の活用について


ア:ワクチン接種率の向上は、打ち手の数を増やすことが最も効果的な対策だと考えるが潜在看護師等を活用する考えはないか。また、民間医療団体等の活用計画はあるのか伺う。


(2) 離島における接種率向上について


ア:宮古島市を含む離島におけるワクチン接種状況を伺う。


イ:離島におけるワクチン接種は順調に実施されているとの一部報道があるが、宮古島市におけるワクチン接種需要と県からのワクチン供給バランスはどのようになっているか伺う。


ウ:医療体制が脆弱な離島からワクチン接種を完了すべきと考えるが知事の見解を伺う。


(3) ワクチン接種意欲対策について


ア:ワクチン接種を希望しない住民に対するワクチン接種対策はどのように考えているか伺う。


(4) ワクチン接種執行ペースについて


ア:国はワクチン接種ペースを100万回/日としているが、県内での1日当たり接種回数はどのようになっているか伺う。


(5) かかりつけ医院でのワクチン接種について


ア:ワクチン接種率の向上を図るためには、開業医の営業時間内でのワクチン接種も重要な課題の一つであると考えるが、開業医へのワクチン供給体制はどのようになっているか伺う。


2:新たな振興計画について


(1) 宮古圏域振興計画について


ア:下地島空港の整備計画について伺う。


3:社会資本整備について


(1) 下地地区前浜海岸線浸食問題について


ア:台風により海岸線が浸食されている。浸食防止対策を伺う。


(2) 宮古地区における県道整備状況について


ア:本年度の事業整備計画について伺う。


(3) 県道維持管理状況について


ア:空の玄関口である宮古空港をつなぐ県道「高野川満線」の清掃管理状況について伺う。


4:農林水産業振興について


(1) ナスミバエ防除対策と根絶計画について


(2) 離島廃棄物適正処理促進事業について


ア:多良間村における産業廃棄物等の処理事業について


イ:宮古島市における廃タイヤ処分対策について


5:県管理港湾における港湾施設管理について


(1) 宮古地区来間前浜港内における港湾施設の管理状況について


ア:船揚場の利用状況(管理状況)について


イ:民間施設の県有財産の使用について


6:宮古地区土地改良事業に係る入札方法について


(1) 2020年度の大規模工事(1億5000万円以上)の発注方法を伺う。


2:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

昨年から、3回に渡る緊急事態宣言、蔓延防止等重点措置を含め161日間にも及ぶ厳しい社会活動制限が課せられ県民生活は困窮を極めています。

コロナ感染防止対策の最大の効果は、ワクチン接種率を上げる事にかかっています。これから接種率は上がって来ますが、ある時期に来れば伸び悩んできます。

今後、接種意欲の啓蒙がコロナ対策の重要課題になって来ます。 県は、接種率を上げるための有効な対策を早急に講ずるべきである。


関連記事