最近の定例会

[一般質問] 仲田弘毅 令和三年第4回沖縄県議会6月定例会

令和三年6月29日(火)
令和3年第4回沖縄県議会(6月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より仲田弘毅議員が7番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

「政府の骨太方針」と沖縄関係予算や次期沖縄振興計画の関連について

また、新型コロナ感染拡大による県内社会・経済に与えた影響について県の姿勢を問う。


令和三年6月29日(火)

第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問

仲田弘毅(なかだひろき)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 「政府の骨太方針」について


ア:国会が終われば、いよいよ予算編成の時期を迎えます。県は概算要求についてどのように想定し、対応していくか今後のスケジュールを伺いたい。


イ:今後、予算編成の指針となる「骨太方針」と「概算要求」は、大きく関連するとされています。昨年の沖縄振興に関する「骨太方針」の記述について伺いたい。


(2) 「自民党沖縄振興調査会」と「次期沖縄振興計画」について


ア:沖縄振興調査会について、知事の認識を伺いたい。


イ:知事は、5月19日沖縄振興調査会の会議に参加し、小渕優子会長に次期振計の要請を行っております。要請後の手応えと感想を伺いたい。


ウ:次期沖縄振興計画の素案について基本的な考えを伺いたい。


2:新型コロナ感染防止対策について


(1) コロナ感染の現況説明をお願いしたい。


(2) コロナ感染拡大の要因について、県の見解を伺いたい。


(3) 厚生労働省からの日本エクモネットを含め、県外からの医師、看護師等の派遣状況を伺いたい。


(4) コロナワクチン接種について

ア:最も連携・調整が必要とされる各自治体との役割・対応について伺いたい。


イ:基地内における、米軍による日本人従業員のワクチン接種について県の考えを伺いたい。


ウ:各市町村の住民検診を一部休止して、その医師・看護師をワクチン接種に充てている地区もありますが、県の見解を伺いたい。


(5) アフターコロナについて、県の展望を伺いたい。


3:教育行政について


(1) 高校入学試験について

ア:去る3月3日と4日の両日、コロナ禍による感染防止策の中で、県立高校と特別支援学校高等部の令和3年度一般入試が行われました。実施状況について伺いたい。


イ:県教育委員会は、入試の実施に向けガイドラインを示していますが、内容と効果について伺いたい。


ウ:一般入試の当日、コロナ感染や濃厚接触者・コロナ症状・検査待ちの人などへの対応について伺いたい。


(2) 全国学力テストは、コロナ禍による学校現場の負担につながることから、新年度は見送るべきとの意見もあったが、5月27日に延期し実施されました。その経緯と見解を伺いたい。


(3) 緊急事態宣言中の学校休校について

ア:2週間の休校措置による授業や学習・部活動等への対応策を伺いたい。


イ:昨年は、全国高校総体が中止になり、今年の県大会はコロナ対策指導の下に延期して実施されました。経過と評価について伺いたい。


ウ:九州大会の一部の競技が本県で開催される予定でしたが、休校等で中止になった。影響を伺いたい。


4:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

骨太方針と概算要求は大きく関係しており、内閣府への概算要求は、県独自の高率補助や一括交付金等をより具体的に要請すべきである。

また、減額により、各市町村への配分に苦労している一括交付金については、予算満額の確保に向け、どう取り組むか知事の姿勢を質した。県民にとって、次期振計がいかに大事であるか訴え、強く要請した。

コロナ対策で県当局は、「必要な医療を、必要な人が受けられない」また、「救える命を救えない」この様な状況を絶対に避けなければなりません。

全国最悪の感染状況を招いた対策本部長の責任を問い、知事としての「発言」と「行動」は非常に重いことを訴えた。


関連記事