最近の定例会

[一般質問] 又吉清義 令和三年第4回沖縄県議会6月定例会

令和三年6月28日(月)
令和3年第4回沖縄県議会(6月定例会)の一般質問(初日)に沖縄・自民党より又吉清義議員が8番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

コロナ禍の今日、新型コロナ感染の状況、副反応、変異株、ワクチン等の正確な情報が伝わり難く、社会は不安定な状態である。この様な状況を打破し、コロナを吹き飛ばし、経済危機を乗り越えるためにも、正確な情報を求め、議論していきます。


令和三年6月28日(月)

第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問

又吉清義(またよしせいぎ)(会派:沖縄・自民党)


1:新型コロナウイルス感染症について


(1) 日本では、どれくらいの方が感染症と診断されているか。


(2) 感染症と診断された方のうち、重症化する人や死亡する人はどれくらいか。


(3) 重症化しやすい人はどんな人か。


(4) 海外と比べて、日本国民の感染症と診断された人の数は多いか、少ないか。


2:接種対象に送付される「新型コロナワクチン接種のお知らせ」と「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」について


(1) ワクチン接種のお知らせとワクチン予防接種についての説明書を県は充分把握しているか伺う。


(2) ワクチン接種は本人の同意が必要か。


(3) 職場や周囲の方から直接・間接的に強要されて接種が行われていないか伺う。


(4) ワクチンは感染を防ぐものか、それとも感染した方の重症化を予防するものか、どの効果が正しい判断か。


(5) 日本に先駆けてワクチン接種を実施した海外の感染状況はどのように変化しているか伺う。


(6) モデルナ社とファイザー社のワクチン接種説明書や厚生労働省関係が提示してある説明書について伺う。


(7) 基地従業員への「米軍のワクチン接種」の通知について


3:副反応について


(1) ファイザー製、モデルナ製、両ワクチンの副反応はどのような症状が発生すると明記されているか。


(2) ワクチン接種のお知らせとワクチン予防接種についての説明書に「本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性がある」と明記されている。どのような症状が出たか把握しているか。


4:厚生労働省健康課の6月9日公表分のコロナワクチン接種後の死亡例について


(1) 6月4日時点の死亡者数、5月30日付のアナフィラキシーや副反応疑いは何件になるか。


(2) ブライトン分類において、ワクチン接種と副反応の関係が認められないレベルについて


(3) ブライトン分類の1から3の範囲内で男性と女性のアナフィラキシーの割合はどのようになっているか。


(4) 副反応の内訳において、男性と女性の割合はどのようになっているか。


5:県内のコロナワクチン接種はいつ頃から実施されてきたか。



6:「感染症法・特措法」が改正され、引き上げられたのはいつ頃か伺う。



7:県内でコロナの変異株が発見されたのは、いつ頃か伺う。



8:去年と今年の感染者数、死亡者数、変異株等について比較検討をするとどのように変化してきたか。



9:コロナの感染症を防ぐために県はどのような取組と対策を行っているか。



10:玉城知事のゴールデンウイーク中のバーベキューについて伺う。


11:コロナに負けない体力や免疫力を高めるために、県はどのような対策を講じているか。


12:我が党の代表質問との関連について


又吉清義

一般質問を終えて

県民の命、健康、暮らし、経済を守るために、我々県民はコロナ感染を克服しなければならない。 そのためにも、正確な、情報、正しい現状を知らないと、感染を防ぎ、対応をする事は出来ないと思います。今回、県民に伝わら無い情報を取り上げ、周知徹底する事により、 一人一人を守る事ができる事に役立たい


関連記事