最近の定例会

[一般質問] 仲田 弘毅 令和三年第8回沖縄県議会9月定例会

令和三年9月27日(月)
令和3年第8回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より仲田 弘毅議員が1番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

令和4年度(2022年度)沖縄関係振興予算の概算要求が、10年ぶりに3,000億円を割ることによる本県経済への影響を危惧する。

長期化したコロナ感染対策で、緊急事態宣言をはじめ、「効果と反省点」や「緩和と解除」等について問う。

教育は国家100年の大計、教育は国の根幹を為すと言われるように、次代を担う子供たちの教育と人材育成に努力を傾注したい。


令和三年9月27日(月)

第8回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

仲田弘毅(なかだひろき)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 令和4年度(2022年度)概算要求について


ア:令和4年度(2022年度)概算要求2998億円に対する知事の率直な感想をお聞かせください。


イ:地方行政の財政を左右する予算になりますが、市町村の声は生かされているか。


ウ:県から内閣府へお願いした概算要求の総額を伺いたい。


2:新型コロナウイルス感染について


(1) 県内の感染状況や医療提供体制の現状をお聞かせください。


(2) 新型コロナウイルス感染防止対策によるワクチン接種の実施状況を伺いたい。


(3) 各保健所の基本的な役割を教えてください。


(4) クラスター(集団感染)発生に伴う速やかな情報公開が求められているが、対策を伺いたい。


(5) 緊急事態宣言が9月30日まで延長されました。延長と解除について県の考えを伺いたい。


3:教育行政について


(1) 学校再開について


ア:コロナ感染対策で、分散登校や感染状況によっては学級・学年閉鎖、あるいは臨時休校等が実施されてきましたが、実情をお聞かせください。


イ:これまでの小・中・高校でのコロナ集団感染の学校数と生徒数を伺いたい。


ウ:臨時休校や分散登校に伴うオンライン授業・学習の実施状況や課題を伺いたい。


エ:分散登校や感染不安により登校を控える児童生徒の出欠取扱いについて伺いたい。

(2) 全国学力テストについて


ア:コロナ感染の厳しい中で、5月に実施された2か年ぶりの全国学力テストの結果が去る8月31日に公表されました。見解を伺いたい。


イ:学力テストで全国水準を維持したことは大変すばらしいことであり、あらゆる意見がある中で、県内の児童生徒の学力向上に大きく寄与するものと考えております。教育長の感想をお聞かせください。


4:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

令和4年度、沖縄関係概算要求が大幅に減額され、県経済界と県民に与える影響を指摘した。
全国的に、最悪の感染状況になったコロナ対策の反省点を議論した。
厳しいコロナ禍においても、教育の必要性と尊さ、環境整備を訴えた。


関連記事