最近の定例会

[一般質問] 仲里 全孝 令和三年第8回沖縄県議会9月定例会

令和三年9月24日(金)
令和3年第8回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(初日)に沖縄・自民党より仲里全孝議員が7番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

コロナ対策、本部港での死亡事故、そして、PFOS、PFOAを含む汚水の基準など、県の対応について一般質問行っていきます。感染者増加が深刻なコロナ対策を最優先に、県の考え方を追求してまいります。


令和三年9月24日(金)

第8回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

仲里全孝(なかざとぜんこう)(会派:沖縄・自民党)


1:コロナ対策について


県内の観光業をはじめとする経済再興の具体的な施策展開に向け、コロナ対策関連の予算獲得を視野にした観光再興条例案が、8月31日に全会一致で成立しました。一方、県内では療養者5609人、病床占有率80.6%、重症者の占有率75.6%と高止まりが続き、新規感染者は累計で4万6811人にも上り、直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は、依然全国ワーストが続いています。下記のとおり知事の考え方を伺う。


(1) 小・中・高校における生徒の感染状況を伺う。


(2) 県内全市町村の学校の夏休み延長、休校になぜ取り組まなかったのか伺う。


(3) 児童生徒が感染への懸念などを理由に登校を控えているとあるが詳細を伺う。


(4) 教職員のワクチン接種状況を伺う。


(5) 7月30日付の各市町村の指定管理者への休業協力願につき、状況を伺う。


(6) 行動制限を11月から緩和する計画とのことだが、詳細を伺う。


2:本部港で起きた死亡事故について


(1) 5月下旬、本部港の倉庫における死亡事故について、その後の県の対応を伺う。


3:PFOSとPFOAを含む汚水の「処理方法等」について、下記のとおり県の考え方を伺う。


(1) 日米間における処理方法の実務者協議の進捗状況を伺う。


(2) PFOSとPFOAを含む汚水の基準値(日本・米国・国際)について伺う。


(3) 沖縄県が管理する施設内(空港施設指定管理含む)でPFOSとPFOAを含む消火剤の使用状況(具体的場所・施設名)を伺う。


(4) 沖縄県が管理する施設内のPFOSとPFOAを含む消火設備の処理計画を伺う。


4:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

コロナ対策、本部港での死亡事故の調査報告、PFOS、PFOAを含む汚水の基準などの事務レベルでの米軍との協議会の開催、そして、伊平屋伊是名の架橋の事業採択ついて、現在の状況について県から回答を得た。各案件について、引き続き動向を注視しながら、今後も必要な質疑を行っていきたいと思う。


関連記事