最近の定例会

[一般質問] 末松 文信 令和三年第8回沖縄県議会9月定例会

令和三年9月24日(金)
令和3年第8回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(初日)に沖縄・自民党より末松文信議員が8番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

県民は、度重なる緊急事態宣言の延長に「我慢は限界に近い」、「延長は最後にして」と最後通告とも受け取れる切実な思いを訴えている。

これを打開するためには、感染拡大防止対策に取り組みつつも緊急事態宣言の解除と経済活動の再開、そして以前の日常を取り戻す必要があります。

ウィズコロナに向けて、ワクチン接種が鍵を握っているとのことから一定の解除時期を示すことで県民の展望を開きモチベーションを上げ理解と協力を得ることが重要と考え、知事の決断を問いたい。


令和三年9月24日(金)

第8回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

末松文信(すえまつぶんしん)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 緊急事態宣言解除及び経済活動再開に向けた見通しについて


ア:新規感染者が1日200人程度に減少したときの経済活動再開の緩和策と見通しについて


イ:1日100人程度になったときの経済活性化について


ウ:具体的にいつから緊急事態宣言が解除され経済活動が再開できるか。


エ:感染防止対策認証制度の概要と導入計画について


オ:ワクチン接種及び検査陰性証明書の発行について


(2) 新型コロナウイルス感染症対策について


ア:入院待機者数と病床の確保状況について


イ:入院待機ステーションの概要について


ウ:自宅療養者数と対応策について


(3) ワクチン接種基本方針について


ア:接種の効果とリスクについて


イ:接種計画と進捗状況について


ウ:課題と対応策について


2:北部医療センターの整備について


(1) 整備計画の進捗状況について


(2) 整備に向けた課題について


3:県立名護高等学校附属桜中学校の設置について


(1) 設置計画の進捗状況について


(2) 設置に向けた課題について


4:沖縄北部テーマパーク事業について


(1) 事業概要について


5:我が党の代表質問との関連について


末松文信

一般質問を終えて

9月定例会一般質問を終えて
●コロナ禍の緊急事態宣言を今月中に解除し経済活動を再開することができないか模索した結果、ワクチン接種によりコロナの感染予防と重症化を抑制できる事が明らかになった。

ワクチン接種を促進することが、知事や政府の共通認識であり促進策を講じる事を確認することができた。また新規感染者数も減少傾向にあり緊急事態宣言の解除と経済活動の再開に光明がさした。

何よりも宮里達也医師より石垣市と北部地域の感染症対策と取組みを紹介したことへの反響が大きかった。今一度ワクチン接種を促進しましょう!

●さらに北部医療センターの整備促進と名護高等学校附属桜中学校の設置促進状況について質した。


関連記事