最近の定例会

[一般質問] 西銘 啓史郎 令和三年第8回沖縄県議会9月定例会

令和三年9月27日(月)
令和3年第8回沖縄県議会(9月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より西銘啓史郎議員が3番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

知事の政治姿勢の中で

1) 対策本部長として「警戒レベル判断基準」の考え方について

2) 情報の提供・共有について(議事概要含む)

3) 経済回復対策の出口戦略(ロードマップ)について

4) 政策参与の任用と現状と課題について

等、県民の生命・財産を守る事の責任を追及します。

観光産業再興については条例の認識・見解等、政府への予算交渉について追及します。学校教育についてはPCR検査の状況と課題、オンライン事業等の状況と課題について確認提言します。


令和三年9月27日(月)

第8回沖縄県議会(9月定例会)一般質問

西銘啓史郎(にしめけいしろう)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 新型コロナウイルス感染症対策本部長として


ア:警戒レベル判断指標(医療体制3項目、感染状況4項目)の設定時の考え方について伺う。


イ:判断指標の修正について本部長としての考え方を伺う。


ウ:行動計画に基づく「情報提供・共有」に関する県の対応について伺う。


エ:各種会議の議事概要の意義(重要性等)と開示状況について伺う。


オ:今後の経済回復対策の出口戦略(ロードマップ)について伺う。


(2) 政策参与について


ア:任用手続(流れ)及び職務について伺う。


イ:政策参与の活動(勤務)状況及び進言状況について伺う。


ウ:委嘱解除について伺う。


2:観光産業の再興について


(1) 観光産業の現状把握と救済対策について伺う。


(2) 「観光産業の再興に関する条例」に対する知事の認識・見解を伺う。


(3) 地方創生交付金(事業者支援分、追加交付32億円)の配分について伺う。


(4) 政府との予算交渉(増額等)についてどのように考えているのか伺う。


3:学校教育関連について


(1) 学校PCR検査(小・中・高校、学童クラブ等)の実績と課題及び対応について伺う。


(2) 新学期再開後の感染状況について伺う(クラス閉鎖、学年閉鎖等)。


(3) オンライン授業の現状(実施校数等)と課題について伺う。


4:我が党の代表質問との関連について


西銘啓史郎

一般質問を終えて

知事の行動力、交渉力とは!
振興予算の獲得について、仲井眞元知事と比較しても交渉回数が少ない!
公約実現に向けても必要なのは行動力!(対話を求めるだけでは進展などしない!)
観光産業の再興に向けても強い交渉力が必要です!


関連記事