最近の定例会

[一般質問] 小渡 良太郎 令和四年第1回沖縄県議会2月定例会

令和四年3月1日(火)
令和4年第1回沖縄県議会(2月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より小渡良太郎議員が2番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

今回の一般質問は、以前の一般質問で提言・提案したものの進捗を確認すると共に、人材育成や先進技術の活用、公共交通のあり方、渋滞解消、そして高校教育に係る様々な問題、あとはいくつかの時事問題について、沖縄県の現在の考えと解決策を聞きつつ、いくつか提案をしていこうと考えています。

特に人材育成や教育は沖縄の今と未来を左右する重要な事柄ですから、次代を担う子どもたちの未来がより良いものとなるよう、今取り組むべき課題を洗い出しつつ、昔年の問題解決に向けた議論をして参ります。


令和四年3月1日(火)

第1回沖縄県議会(2月定例会)一般質問

小渡良太郎(おどりょうたろう)(会派:沖縄・自民党)


1: 我が県の産業政策について


(1) 先端技術の活用について、「新たな沖縄振興計画(素案)」では記載のあった「新技術・新ビジネスの本格展開前の実証や実装等の先行モデル地域など、アジア・ビジネスの橋頭堡として我が国の経済・社会の発展に貢献する~」という文言が、「中間取りまとめ」及び「新たな振興計画(案)」では削除されている。削除した理由と削除に至った背景を伺う。


(2) 産業人材の育成について、以前の一般質問で「人材育成・雇用の確保・労働政策が互いに連携・連動しシームレスに行われることが、沖縄の発展に直結する」という考えを軸に議論したと思うが、その後の対応について詳細を伺う。


2:我が県の教育政策について


(1) 我が県の高校入試制度について、現行制度の問題点・課題点等を伺う。


(2) 県立高校の課程・学科及び定員について、県教育委員会の基本的な考え方を伺う。


(3) スクールハラスメント対策について、県教育委員会の基本的な考え方並びに現状実施している取組等について、詳細を伺う。


3:我が県の交通政策について


(1) 以前の一般質問で提案した、慢性化する渋滞対策の一環として「信号機のタイミングを交通流量に応じてAI制御する」という事柄について、答弁では「AI等の先端技術を使った交通流の管理は重要な課題だと思うので、警察庁共々研究していきたい」とあったが、その後どのような研究または調査等が行われたか、詳細を伺う。


(2) 知事の所信表明並びに新たな振興計画の中に「鉄軌道を含む新たな公共交通システムの導入」とあるが、鉄軌道以外の公共交通システムについてはどのような検討がなされ、または考えられているのか、詳細を伺う。


4:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて


関連記事