最近の定例会

[一般質問] 西銘 啓史郎 令和四年第3回沖縄県議会6月定例会

令和四年7月8日(金)
令和4年第3回沖縄県議会(6月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より西銘啓史郎議員が1番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

西銘啓史郎

知事の任期最後の議会にあたり
1)知事の政治姿勢において
●知事としての資質(責任転嫁)を追求
●危機管理能力に疑問を呈する

特に今の知事の姿勢では県民の生命、財産は守れない事を追求します!経済再生に向けての各種キャンペーンもどのように取り組むのか、県民の声を拾い上げる体制の構築を求めていきます!


令和四年7月8日(金)

第3回沖縄県議会(6月定例会)一般質問

西銘啓史郎(にしめけいしろう)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 国庫請求手続の錯誤について


ア:事案が発覚した日時、及び内閣府との調整完了日時等を伺う。


イ:知事・副知事が事実を把握した日時を伺う。


ウ:先議案件の与党議員に対する知事答弁について真意を伺う。


(2) 「平和で豊かな沖縄の実現に向けた建議書」について


ア:県民からの意見募集について以下のとおり伺う。

 (ア) 募集期間及び回答者数(年代別状況・特徴等含む)について伺う。

 (イ) 質問の概要と回答状況について伺う。


イ:有識者との意見交換会について

 (ア) 開催の詳細(公開・非公開、テーマ、議題、意見等)について伺う。

 (イ) その意見等をいつ、どのように建議書へ反映したか伺う。


ウ:「沖縄を取り巻くアジア太平洋地域の今後の情勢等について重大な危機感を持たざるを得ない」とあるが、重大な危機感とは何か具体的に伺う。


(3) 沖縄県を取り巻く情勢(ロシア、中国、北朝鮮)について


ア:日経新聞(5月25日)「中国、砂漠に日米(標的群)」の記事について、知事の見解を伺う。


(4) 知事としての危機管理について


ア:危機管理の重要性等、基本的な考えについて伺う。


イ:ロシアのウクライナ侵攻から学ぶものは何か伺う。


ウ:台湾有事について、知事の認識を伺う。


エ:北朝鮮の弾道ミサイル発射等、威嚇行動がなぜ行えるか、その背景には何があると考えるか伺う。


オ:国民保護計画についてどのように取り組むべきか伺う。


(5) 令和4年度重点施策について


ア:「重点施策」は知事の「所信表明」とほぼ同内容となっているが、知事の思いが込められているとの理解でよいか伺う。


2:第11回県民意識調査(アンケート)について


(1) 調査概要、調査結果について伺う。


3:ウェルビーイング(WB)について


(1) ウェルビーイングとは何か、また県としての見解を伺う。


(2) ウェルビーイングが昨今注目される背景は何か伺う。


(3) 県としての今後の取組について伺う。


(4) 県職員のWB状態はどうか。


4:GoToイートキャンペーンについて


(1) 概要と現在の状況及び農水部、商工部の役割について伺う。


(2) 予算額及び販売額と利用額の実態について伺う。


(3) 他府県の状況と県としての今後の取組について伺う。


3:我が党の代表質問との関連について


西銘啓史郎

一般質問を終えて

玉城知事、任期最期の議会。知事の政治姿勢を徹底的に追及!危機管理能力の欠如、責任転嫁、世界情勢の認識不足等々、県知事としての資質を問い正した!県職員も、県民ももう玉城知事にはついて行けなくなっています!


関連記事