[ 総括 ] 令和元年第4回沖縄県議会6月定例会を終えて / 1:尖閣諸島をめぐる中国擁護発言について

1:尖閣諸島をめぐる中国擁護発言について


〇 去る5月31日の記者会見で玉城知事は、尖閣諸島海域で八重山漁船が中国公船に追尾されたことについて、「中国公船がパトロールしているので、故意に刺激することは控えなければならない」と、驚くべき問題発言をしています。

この発言の問題点は、次の2点にあります

・中国を「故意に刺激するようなことは控えなければならない」。

・「中国公船がパトロールしている」と中国のパトロールを正当化。


〇 尖閣諸島海域の日本の領海内で漁労をしていた、石垣の漁船が中国公船に1時間にわたって追尾され、海上保安庁の巡視船に護衛された件について、知事は、中国を「故意に刺激している」と述べているのであります。

〇 尖閣諸島は日本の領土であり、その海域は日本の領海であるのに、そこで漁労をする八重山漁船に非があるかのような発言は、尖閣諸島を管轄する沖縄県知事として、許されるものではありません。

〇 また、「中国公船がパトロールしている」との発言はさらに問題です。 中国公船がパトロールするには、その海域が領海であり管理権を有していることが前提であります。「中国公船がパトロールしている」。との発言は、中国に尖閣諸島海域の管理権があるとの誤ったメッセージを与えることにつながりかねないのであります。

〇 尖閣諸島海域の日本の領海内で漁労をしていた、石垣の漁船が中国公船に1時間にわたって追尾され、海上保安庁が巡視船で護衛したことを、中国を「故意に刺激している」、「中国公船がパトロールしている」との発言から、知事の尖閣諸島問題の認識の浅さがわかります。

〇 尖閣諸島をめぐる中国の強圧的な行動がある中で、尖閣諸島を管轄する沖縄県知事が、中国の行動を正当化するような発言をすることは、中国を利してもわが国を利すことは決してないのであります。

○この発言は単に撤回をすればいいと言う、単純な問題ではありません。


2:中国の一帯一路への参加について


3:米軍基地の整理縮小について


・総括トップに戻る


2019-07-02 | Posted in 総括No Comments » 

関連記事