最近の定例会

[一般質問] 島袋 大 令和二年第7回沖縄県議会11月定例会


令和二年12月4日(金)
令和二年第7回沖縄県議会(11月定例会)の一般質問(一日目)に沖縄・自民党より島袋大議員が一番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

離島振興をチェック!!

県民は、ひとり、ひとり平等である。
離島格差はあってはならない


令和二年12月4日(金)

第7回沖縄県議会(11月定例会)一般質問

島袋 大(しまぶくろ だい)(会派:沖縄・自民党)

島袋大

1:万国津梁会議委員によるSNSでの政治的発言について



2:県のSDGsの取組と那覇軍港アンケート調査について



3:辺野古埋立設計変更申請に関する意見の内訳について



4:離島振興について


(1) 与那国町久部良漁港の施設整備(荷さばき施設、陸電施設)について伺う。


(2) 流通条件不利性解消事業の戦略品目の状況について伺う。


(3) 下地島空港ターミナル駐車場整備の進捗状況について伺う。


(4) 本土からの直行便がある離島空港や石垣港ターミナルのコロナ対策について伺う。


(5) 過疎法の延長について伺う。


5:県警について


(1) 辺野古への土砂等の海上輸送に伴い県警は塩川港で警備に当たっているが、その理由と根拠を伺う。


(2) 報道では、安和港や塩川港で機動隊員が抗議に参加する市民を呼び捨てにして注意する行為が常態化しているとあるが、県警の見解を伺う。


6:我が党の代表質問との関連について


一般質問を終えて

万国津梁会議は、客観的かつ公正な行政運営をするべきである。しかし、一部の委員は政治的な色合いが強く対立を生み出せば、SDGsの解釈が誤解される危険性がある!正に今、対立が起きているし誤解が生じている!!公正、中立で行うべきだ!!
離島振興については、知事はくまなく離島をまわり直に島民の声を聞くべきである!離島だからといって生活の格差が出ては行けない!!


関連記事