最近の定例会

[一般質問] 中川京貴 令和三年第4回沖縄県議会6月定例会

令和三年6月29日(火)
令和3年第4回沖縄県議会(6月定例会)の一般質問(二日目)に沖縄・自民党より中川京貴議員が6番手に立ちます。以下の質問項目を事前通告いたしました。

令和2年度は、 第16次補正予算合計1824億円。令和3年度は、当初予算を始め第8次補正予算1544億円。

玉城知事は、合計3368億円のコロナ対策を行ったにもかかわらず、コロナの感染が拡大し県民の命と生活を守る事が出来ていない。

それどころか、全国一コロナの陽性患者を増やしてしまった。私達沖縄自民党会派はこれまで、何度も知事に対して要請をして来たがその対策が出来ていない。

本土と違い、島嶼県である沖縄県は空港や港湾の水際対策をしっかり抑えれば新型コロナ対策が出来る。

空港や港湾、又は県市町村で徹底にPCR検査をしてコロナの陽性者を確認して、県が借り上げたホテルで隔離をして、陽性患者を増やさない。又は、陽性患者を確認できたら 軽症患者から、重症患者にしない医療対策をしっかりするよう要請したが出来ていない。

それどころか、中北部の市町村長から要請のあった、中部に陽性患者の隔離施設用としてのホテル借り上げもしていない。

年末年始、旧正月、ゴールデンウィーク前のコロナ対策をしっかり抑えれば、全国一増えることは無かった。

県民からコロナの蔓延は人災だと言われても仕方ない。

コロナ対策に対する知事の判断力、決断力の鈍さを追求する。


令和三年6月29日(火)

第4回沖縄県議会(6月定例会)一般質問

中川京貴(なかがわきょうき)(会派:沖縄・自民党)


1:知事の政治姿勢について


(1) 基地問題について

ア:基地の整理縮小、基地被害、負担軽減をどのように考えているか伺いたい。


イ:沖縄の基地を50%削減すると発表したが、その内容について伺いたい。


ウ:普天間飛行場、辺野古移設と那覇軍港、浦添移設についての違いを伺いたい。


エ:嘉手納町議会からの嘉手納基地内のパパループ継続使用に厳重に抗議し、使用禁止を求める意見書に対し、県はどのように対応をしたか伺いたい。

(2) 基地関連収入について

ア:軍用地料や、思いやり予算など県に入る収入、市町村に入る収入について伺いたい。


イ:地域振興・基地補正・密度1(傾斜配分)の設置された経緯と現状について伺いたい。


(3) 新型コロナウイルスにより、県経済の打撃はもちろん、全国的に経済・産業にも影響が出ている都道府県に対し、今後予測される国からの予算の減額をどのように考えているのか伺いたい。


3:新型コロナウイルス感染拡大について


(1) 我々自民党会派はこれまで玉城知事に対し、新型コロナウイルスに対する防疫体制の強化と感染対策を何度も要請したが、その成果が出ていない。感染が拡大した要因について伺いたい。


(2) 令和2年度は第16次補正予算合計1824億円、令和3年度は当初予算を含む第8次補正予算1544億円、合計3368億円でコロナ対策を行ったにもかかわらず、コロナウイルスが拡大し県民が苦しんでいる状況について今後の対策を伺いたい。


(3) コロナ感染症第4波は、感染力が強く重症化しやすい変異株に置き換わったことで、連日新規感染者が最多を更新するなど、医療関係機関は病床の確保や入院先探しで危機的状況に陥っている。知事の認識と対策を伺いたい。


(4) 本県における地方創生臨時交付金について伺いたい。


(5) 中小企業を支援するための県内の雇用調整助成金について伺いたい。


(6) 新型コロナウイルス感染拡大防止を受け、県内の学校の臨時休校などで影響を受ける関係者への支援について伺いたい。


(7) 酪農農家支援について、酪農経営を安定して継続するためには、学校給食用牛乳との差額補塡が必要であるが、その支援について伺いたい。


3:沖縄振興計画について


(1) 知事は、新たな沖縄振興特別措置法の制定など、河野太郎沖縄担当相に要請したが、現段階では白紙と述べたようである。大臣との会談の内容と、今後国との調整をどのように進めていくか伺いたい。


(2) 我が自民党県連は、沖縄振興特別措置法の10年延長と一括交付金の拡充、沖縄振興開発金融公庫の存続など4項目の実現を自民党沖縄振興調査会(小渕優子会長)に要請した。その中で委員から、県の決意とビジョンが不足しているとの指摘があった。このことについて県の認識を伺いたい。


(3) 第1次から第5次にわたる沖縄振興総予算と成果について伺いたい。


4:社会資本整備について


(1) 国道・県道交通渋滞対策について

ア:那覇空港第2滑走路が完成し、1000万人観光客1兆円観光収入の目標値のうち「1000万人」から「1200万人」へと引き上げたことに伴い国道・県道の交通渋滞が予測されるが、その対策と課題について、私が提案した2次交通による高速船(海上タクシー)の活用(那覇から北谷まで15分、名護まで30分、本部まで40分)についての現状と課題について伺いたい。


イ:西湾岸道路の整備の進捗状況について伺いたい。


ウ:高速道路の空港までの建設に向けての現状と課題について伺いたい。


エ:高速道路の渋滞緩和の現状と対策について伺いたい。


オ:沖縄市池武当近くのフルインターチェンジの状況と課題について伺いたい。


5:我が党の代表質問との関連について


中川京貴

一般質問を終えて


関連記事